幼稚園教員資格認定試験について

今回は幼稚園教員資格認定試験について、その目的や試験を受けられる受験資格など一緒に詳しくみていきたいと思います。

 

まず、幼稚園教員資格認定試験の目的について見ていきます。これは現在、共働きの夫婦や保育を必要とする世帯が増えており、幼稚園と保育園の連携を一層強化しようとする働きから始まったものです。

 

保育士としてある一定の在職経験がある人に、幼稚園教諭免許状を取得するための方策として実施するものです。

 

また、この試験で取得できる資格は幼稚園教諭二種免許状であり、これに値する学力などがあるかどうかを判断するものです。この試験に合格し、各都道府県の教育委員会に申請すると幼稚園教諭二種免許状が与えられるというものです。

 

ただし、この試験を受験するにはいくつかの条件があるのできちんと確認しておく必要があります。

 

認定試験を受けられる条件とは?

この幼稚園教員資格認定試験を受けるためには、以下の二つの条件どちらかをクリアしていて、保育士としての経験が3年以上または1ヶ月に120時間以上ある者が受験することが出来ます。

 

まずは、大学または短期大学に2年以上在学しており62単位以上修得している者か、高等学校を卒業している者、高校を卒業と同等の資格を持っている者というのが一つです。

 

次に、高等学校を卒業している者か、その他の文部科学省が指定する教員養成機関を含む大学に入学する資格を持っている者で、満20歳以上の者という規定があります。

 

ただし、この3年以上または1ヶ月に120時間以上勤務というのは文部科学省によって決められた施設に限られています。例えば、児童福祉施設や認定こども園などがその例です。

 

また、無認可保育園や認証保育園での実務経験は含まれないので注意しましょう。そして、雇用形態にも注意が必要です。正社員として働く場合は、期間に数えられますが派遣社員としての勤務ですとカウントされないのでしっかり確認しておきましょう。

 

以上の点に注意して、幼稚園教員資格認定試験を考えてみてはいかがでしょうか。