公立幼稚園の教諭として働くには?

幼稚園教諭として働くには、幼稚園教諭の免許状の取得だけでは不足です。

 

公立・私立に関係なく、就職を希望する園の採用試験に合格しなくてはなりません。

 

公立幼稚園の教諭となるためには、公務員試験への合格が必要です。市立幼稚園も、園によって独自の試験を設けています。

 

ここでは、待遇が安定しているとして人気が高い公立幼稚園教諭を志望する場合の流れを見てみましょう。

 

公務員試験への合格は必須

公立幼稚園教諭の場合、なによりもまず、採用案内(都道府県・市町村)に目を通すことが先決です。

 

採用案内は毎年、年度初めの4月に発表されます。

 

近年、日本中の公立幼稚園は減少傾向にあり、幼稚園教諭の募集をしない自治体も増えています。自治体にもよりますが、年齢制限を設けているところもあります。

 

採用案内で募集と試験の概要を確認したら、公立幼稚園教諭採用試験の受験を申し込み、第1次選考に臨みます。※5-6月頃。

 

教養科目への合格は必須

採用試験には、第1次選考と第2次選考の2回がありますが、第1次に合格することによって、第2次に進むことができます。

 

第1次選考(教養科目)は7-8-9月に実施されます。

 

第2次選考は9-10月に実施されており、専門科目・実技・面接などの内容です。

 

第1次の教養科目は、他の職種の受験者とほぼ同一の内容となっています。

 

ふだんからこれらの科目をきちんと学習していないと、第2次選考でせっかくの実力を生かすことができません。

 

幼稚園教諭の夢は遠のくばかりですから、過去問の演習によって力をつけておきましょう。

 

第1次に合格すると、第2次選考へと進むことができます。

 

第2次選考では、幼稚園教諭に不可欠な実技が課せられており、ピアノの弾き歌いや造形、運動(リズム感)などの教育技術が試される上、集団面接、集団ディスカッションなどにも加わります。

 

公立幼稚園の教諭を目指したなら、まずは公務員試験に合格するための勉強にも地道に取り組んでいく必要があります。