公立幼稚園の採用試験対策|効率的な学習方法とは?

公立幼稚園の採用試験を受けようとされている方も多いと思います。

 

私立よりも公立の方が難しいとされている採用試験ですが、どのような対策を行えばいいのでしょうか。

 

ここでは、公立幼稚園の採用試験対策についてご紹介していきます。

 

採用試験を受けるその前に…

公立幼稚園の採用試験を受験する前に、知っておいていただきたいことがあります。

 

採用試験を受けようとされている方であれば、ご存知の内容だとは思うのですが、念のために記載しておきます。

 

まず、公立幼稚園の採用試験は、各市区町村にて行われます。もし離職・退職する教員が少ない場合には、採用試験自体が行われないという可能性もあります。

 

各市区町村によって試験の詳細が異なりますので、「今年は試験が行われなかった!」という事がないように、しっかり確認しておくことが大切です。

 

試験対策はどんなことをすればいいの?

公立幼稚園の採用試験は、各市区町村によって行われますので、それぞれ詳細は異なります。

 

ですが、大体の場合、一次試験と二次試験に分かれており、一次試験では小論文・専門教養・一般教養などの筆記試験が行われ、二次試験ではピアノなどの実技試験が行われます。

 

その後、教育委員会による面接が行われる事になります。

 

となると、対策すべき点は主に2つです。筆記試験対策と、実技試験対策です。

 

面接に関しては、ありのままの自分を表現し、幼稚園教諭としてどのようにありたいか等、アピールすることが大切になりますので、今回は省きます。

 

まず、筆記試験対策ですが、これは、その市区町村に合った公立幼稚園教諭の過去問題集などを解くことがおすすめです。

 

amazonなどで検索すると、各自治体別の問題集などがありますので、そのようなものを購入し、自分がどこまで理解できているのかを確認してみるといいでしょう。

 

また、実技試験対策に関しては、ピアノの先生に稽古をつけてもらい、ある程度は弾けるようにしておくと安心です。

 

大学などでは実技対策などもあると思いますので、そのようなものをフル活用するといいでしょう。

 

あまり難しく考えすぎず、幼稚園教諭になりたいという気持ちをしっかりと持って、試験に挑んで頂きたいと思います。