私立幼稚園の採用試験対策|効率的な学習方法とは?

私立幼稚園の採用試験を受けるにあたり、どのような対策を行えばいいのかという事はとても重要です。

 

その幼稚園に絶対に採用されるという強い意志をもって、対策を行うようにしましょう。

 

ここでは、私立幼稚園の採用試験対策をどのように行えばいいのかという事について、ご説明していきます。

 

私立幼稚園の採用試験対策って何をすればいいの?

私立幼稚園の採用試験は、それぞれの幼稚園ごとに異なった内容となっています。

 

一般的には、一般教養や専門教養、面接、作文、小論文、そしてピアノなどの実技試験などがあります。

 

対策すべき内容としては、面接と、実技試験に関してです。

 

まず、面接では、その人柄や人間性などが重視されることになります。

 

そのため、自分がこども達にとって、親しみやすい人物であるという事をアピールするため、笑顔でハキハキと受け答えを行う必要があります。

 

面接官の前で、自分の自然な笑顔を出すことはなかなか難しいと思いますが、日頃から鏡などを見て笑顔の練習をしたり、友人や大学の教員などと話す際にも意識してみるといいかもしれません。

 

また、自分が得意としている事について、しっかりとアピールすることが出来るよう、伝える練習も必要です。

 

どうしてその園を希望するのか、どうして幼稚園教諭になりたいのか等、この辺りは必ずまとめておくようにしましょう。

 

そして、ピアノなどの実技試験に関しては、多くの園で弾き歌いを要求されます。

 

ですので、ただピアノが弾けるというだけではなく、弾きながら歌えるように練習しなくてはなりません。

 

童謡などから課題曲が出されることもありますので、傾向などを見ながらしっかり練習しておきましょう。

 

ピアノの技術というのは、幼稚園や保育園ではとても重要となります。

 

ピアノが苦手という場合には、ピアノの先生に指導してもらう等、早めに対策を行っておく必要があります。

 

何事も、一夜漬けで解決するものではありませんので、将来を見据えて、事前にしっかり準備をするようにしたいですね。