幼稚園教諭の具体的な仕事内容とは?

今回は、幼稚園教諭の仕事内容について一日の流れを一緒に詳しくみていきましょう。

 

まず、幼稚園教諭の仕事は保育士と比べると子どもと接している時間は短いです。しかし、だからといって勤務時間が少ないわけではありません。一日の平均勤務時間は11時間といわれています。

 

園児達の受け入れは朝9時から始まりますが、その前に幼稚園教諭は準備しなければならない事が山ほどあります。園児達をバスで向かえに行くところから、一日の大きな仕事が始まります。

 

そして、園児達が幼稚園にきたらすぐに健康チェックをし保護者からの連絡ノートを受け取ります。そして、全員をトイレに行かせて10時から保育が始まります。

 

内容は、折り紙やゲーム・スポーツなどです。遊びを通して感性や才能を伸ばしていきます。そして、11時半からお弁当と頂きます。その際も幼稚園教諭は、園児達が自分たちで食事の準備ができるように指導します。

 

そして食べ終わったら、食べ残しがないか一人ずつチェックします。何かあれば保護者に知らせる必要があるので、連絡ノートに記入しておきます。

 

これで午前の大きな仕事が終了です。

 

午後は、14時には降園の時間となるのでそれまで外遊びをしたり、午前中の遊びの続きをしたりします。そして、時間になったらバスに乗って園児達を送ります。

 

園児達を送り出したら、それで仕事が終わりなわけではありません。ここから、18時半ごろまで保育室の掃除をしたり、今日の反省や連絡事項などをスタッフで打ち合わせ、明日の保育で使うものの準備や保護者への連絡、指導案の作成を行います。クリスマス会などの特別な行事がある場合は、20時ごろになってしまう事も少なくありません。

 

体調管理が必要不可欠!

このように幼稚園教諭の仕事は、とてもやる事が多いです。子どもと接している時間が短いから、保育士よりは楽だと思われている方も多いですが決してそんな事はありません。一人でクラスを担当している人は、特に平日は体調を崩してしまっても休むことは出来ません。

 

朝から夕方まで休憩なしで行う仕事なので、体調管理が不可欠です。是非、しっかり体調を整えて日々保育に臨みましょう。

 

以上が幼稚園教諭の仕事内容になります。是非、参考にしてみて下さいね。