幼稚園教諭の専修免許状について

幼稚園教諭になるためには、幼稚園教諭免許状が必要となります。

 

この免許状には3種類あるのですが、今回は「幼稚園教諭専修免許状」についてみていこうと思います。

 

幼稚園教諭免許状の種類について

 

幼稚園教諭免許状には、以下の3種類があります。

 

○幼稚園教諭専修免許状…幼稚園教諭養成課程のある大学院にて取得が可能となる
○幼稚園教諭一種免許状…幼稚園教諭養成課程のある大学にて取得が可能となる
○幼稚園教諭二種免許状…幼稚園教諭養成課程のある短大や専門学校にて取得が可能となる

 

この3種類の免許状が存在しているのですが、それぞれの免許状によって仕事内容に違いが出るという事はありません。

 

ただ、給料や待遇などについては、ある程度の差が生じる事になります。

 

これらの免許状は、大学・大学院・短大などで養成課程を修了、卒業することによって取得することが出来ます。

 

幼稚園教諭専修免許状について

上記のような3種類の免許状のうち、幼稚園教諭専修免許状についてご説明します。

 

この幼稚園教諭専修免許状というのは、幼稚園教諭普通免許状に分類されている一番上の免許状となります。

 

幼稚園教諭の養成課程のある4年制大学を卒業後、大学院の専攻科にて学ぶ事によって、この専修免許状を取得することが出来ます。

 

ただ、この免許状があるからといって、一種や二種の方と比べて就職に有利となったりするわけではありません。

 

一種と二種では就職の際にある程度の差があるとされていますが、専修は一種と比べそこまで差があるわけではないのです。

 

仕事内容に関しても、「専修免許状だからこんな仕事が出来る」というものはありません。

 

ですが、だからといって無意味ということでもないのです。

 

専修免許状を取得しているという事は、大学を卒業後に大学院に通い、多くの事を学んだ証となります。

 

そのため、自分が学んできたことには自信を持つ事が出来ます。

 

また、給料や待遇などについては二種免許状の方に比べ良くなるというメリットがあります。