幼稚園教諭の通学講座を受講するメリット

今回は、幼稚園教諭の通学講座を受講するメリットについて詳しくみていきたいと思います。通信制との違いについても比較しながら、一緒に詳しく見ていきましょう。

 

まずは、幼稚園教諭として働く講師から直接指導を受けられるというのが大きなメリットではないでしょうか。通信教育ですと、どうしても教科書を通してしか勉強できない内容も講師から直接聞けるというのは全く感じるものも違います。

 

また、勉強していて分らないことがあればすぐに質問できるのも大きな特徴です。

 

そして何より幼稚園教諭として免許取得後、就職しなければなりません。その場合に、通学講座ですと実習などの手配を全て学校側が指定してくれるので自分で行う必要がありません。

 

就職には、実際の実習をしていないと厳しいという結果が出ています。通信制でももちろん免許取得は可能ですが、どうしても自分で手配するものが多くなってしまうので、その点では通学講座を受講するのは大きなメリットだといえます。

 

忙しい主婦や働きながら自分で時間を主管して勉強するのが苦手…長続きしない…という方には、通学講座をお勧めします。また、通学講座の方が通信制で学ぶよりも比較的早めに免許を取得できるというメリットもあります。

 

学ぶ大学によっても大きく異なるので、資料請求をしたり気になる点があれば質問するなどしっかりと調べておきましょう。

 

時間を上手く調整しよう!

通学講座を受講する場合、働いている社会人や育児中の主婦の方が多いと思います。そんな方のためにお勧めなのが、全日制はもちろん夜間の講座もあります。夜間の場合、月曜から土用までの17時から20時までという講座がほとんどです。

 

仕事を早めに終わらせてそのまま学校に通うという学び方もあります。このような通学講座を受講することで、昼間は普通の仕事をしながらでも時間を有効活用しながら免許を取得できるという大きなメリットがあります。

 

是非、時間を上手に使って通信教育を受講するのか通学講座で学ぶのかを考えてみてください。自分に合った一番の勉強法が見つかると良いですね。