私立幼稚園の教諭として働くには?

幼稚園教諭という仕事は、こどもが好きという方を中心に、とても人気のある仕事です。

 

ですが、幼稚園と一口に言っても、私立幼稚園と公立幼稚園があります。

 

では、私立幼稚園で勤務するためには、どうすればいいのでしょうか。

 

そもそも幼稚園教諭になるにはどうすればいいの?

私立幼稚園で勤務することを考える前に、まず、幼稚園教諭となるにはどうすればいいのかをご説明しておきます。

 

当然ながら、幼稚園教諭には、誰でもなれるというわけではありません。

 

幼稚園という場は、教育の場となっていますので、そこで勤務する場合には幼稚園教諭免許状が必要となります。

 

幼稚園教諭免許状には3種類あり、以下のようになっています。

 

○幼稚園教諭専修免許状…大学院にて取得可能
○幼稚園教諭一種免許状…大学にて取得可能
○幼稚園教諭二種免許状…短大、専門学校にて取得可能

 

このように3種類の免許があり、幼稚園教諭の養成課程がある大学院・大学・短大などを卒業する必要があります。

 

これら3種類に業務上の違いというものはさほどありませんが、給料や待遇などの違いが見られます。

 

私立幼稚園で働くにはどうすればいいの?

では、私立幼稚園にて勤務するには、どうすればいいのでしょうか。

 

まず、上記のような幼稚園教諭免許状を取得した後、希望する各私立幼稚園の採用試験を受験しなくてはなりません。

 

私立幼稚園の場合には、各幼稚園がそれぞれ採用試験を行っていますので、試験内容などが異なります。

 

ですが、大体の場合、履歴書での審査や筆記試験、面接、ピアノなどの実技といった試験が行われています。

 

その幼稚園に実習に行った事があるという方は、顔を覚えてもらう事が出来ますので、多少採用に有利に働く場合があります。

 

実習に行っていると、その幼稚園の事もよく知ることが出来ますので、その幼稚園の特徴や、大切にしている事などを理解することが出来ます。

 

そのような知識や経験が面接の際にとても役に立つことがありますので、もし可能であれば実習させてもらうといいかもしれません。