私立幼稚園の採用試験の内容

私立幼稚園の採用試験を受けようとされている方にとっては、その内容はとても気になる部分だと思います。

 

ここでは、私立幼稚園の採用試験の内容について、ご紹介していきます。

 

私立幼稚園の採用試験の内容とは

私立幼稚園の採用試験は、各私立幼稚園それぞれで内容が異なります。

 

一般教養、専門教養、面接、ピアノなどの実技、小論文、作文など、行われる試験には様々なものがあります。

 

私立幼稚園独自で行われる試験では、ピアノなどの実技と面接のみというところもありますので、どのような試験となるのかは事前に確認しておく必要があります。

 

私立幼稚園に公式サイトなどがある場合には、そちらで採用試験の概要を記載しているところもありますので、希望の園があるという場合にはチェックしておくことも大切になります。

 

ピアノなどの実技試験では、課題曲が事前に知らされる場合と、当日に知らされる場合があります。

 

内容は、指定された課題曲をピアノでただ弾くだけではなく、同時に歌うという弾き歌いが一般的です。

 

そのため、弾きながら歌えるように、事前に練習しておく必要があります。

 

課題曲とは別に自由曲が出されることもあり、その場合には得意な曲を弾くことになります。

 

どちらにしても、ピアノの技術というのはある程度必要とされますので、しっかりと練習しておかなくてはなりません。

 

そして、面接などの試験においては、どの程度自分をアピールすることができるかがポイントとなります。

 

人とは違う特技があるという事や、こども達に対する気持ちや熱意、なぜその幼稚園を希望するのか等、しっかりと伝えることが出来る様にしておくことが大切です。

 

笑顔でハキハキと、親しみやすい人物であることをアピールすることを意識することも大切です。

 

ですが、あまり自分を創ってしまうと、すぐに見抜かれてしまいますので、あくまでも自分らしさを大切にして面接を受けるようにしてくださいね。