幼稚園教諭の給料はどれくらい?

幼稚園教諭のお給料は一体どれくらいなのでしょうか?これから取得しようと考えている方はとても気になるポイントの一つではないでしょうか。それでは、実際にどれくらいのお給料なのか一緒にみていきましょう。

 

まず幼稚園教諭の初任給からみていきましょう。短大卒業した方で平均18万円前後といわれています。これは一般企業とさほど変わりないようです。ただし、今後もう少し増えるかというとその見込みは少ないです。なので、一般企業と比べトータルで考えるとやや少ないです。

 

また平均月収をみてみると、22〜23万円前後となっており自給換算すると1300円程度です。また過去10年間の月収平均をみてみるとほとんど変わらないので、安定した収入を得る事は可能です。

 

ただし、一日の拘束される時間も長いので一般企業よりも大変だという方も少なくありません。

 

実際に幼稚園教諭として働いている方の声を聞いてみると、月収は16万円くらいだという方もいます。園によっても様々なので、しっかりと調べてみることが大切です。

 

そうした働く環境もしっかりと把握した上で、就職を考えてみてはいかがでしょうか。

 

持っている資格によっても給料に差がある?!

幼稚園教諭の場合は、1種なのか2種なのかによってもお給料には大きな差があるようです。全く関係なく同じお給料という園もありますが、資格を重視する園も少なくありません。

 

また公立の幼稚園の場合は、公務員という扱いになるためお給料は昇給があります。そのために退職する人が少ないというのも現状です。また私立幼稚園の場合は、園によって大きな差があるようです。

 

同じ年齢で同じ資格を持っている人でも、働く幼稚園によって違うのなら少しでも高いお給料をもらえるところで働きたいですよね。

 

実際に、仕事をしてからもらったお給料に納得できずに辞めてしまう方も少なくありません。勤務時間のわりに残業手当が出ないというところも多くあるようです。なので、就職する前にしっかりとした下調べを行いましょう。

 

以上が幼稚園教諭のお給料についてになります。