幼稚園教諭の免許を取得する方法

幼稚園教諭免許状

 

幼稚園教諭になるには、「幼稚園教諭免許状(国家資格)」を取得したうえで、幼稚園の採用試験に合格する必要があります。

 

ただし取得方法にはいくつかのルートがあり、どのルートを選択するかによって取得できる免許も異なるので注意が必要です。

 

そこで当記事では、具体的な免許の取得方法について分かりやすく解説していきたいと思います。

 

ぜひ、あなたの目的に合った方法で免許取得を目指してみてください。

 

それでは早速みていきましょう!

 

幼稚園教諭の資格取得ルート

幼稚園教諭免許状

 

@文科省認可の大学・短大を卒業する

幼稚園の教員免許は、学校教育法に定められた国家資格です。

 

免許を取得するためには、文科省が認可した大学・短大に通うのが最も一般的なルートになります。

 

学校で所定の単位を修得、卒業後に管轄する教育委員会に申請すれば免許状をもらうことができます。

 

ちなみに、卒業する学校によってもらえる免許状は異なるので気をつけましょう。

 

学校 取得免許
四年制の大学卒 一種免許
短大卒 二種免許
大学院修士卒 専修免許

 

もちろん、どの免許を取得しても幼稚園教諭として働くことはできます。

 

しかし若干初任給に差が出たり、将来就ける役職に制限があったりするので、

 

「将来、自分がどのように働きたいのか?」

 

を踏まえたうえで、どの免許を取得するかを考えてみるとよいでしょう。

 

また免許による待遇の違いについては、こちらの記事でくわしく書いているで併せて読んでみてくださいね。

 

→一種免許と二種免許の違いとは?

 

A専門学校を卒業する

保育系の専門学校には、文科省に認可された「指定校」と認可されていない「併修校」の2種類があります。

 

まず、指定校では卒業と同時に『二種免許』が取得できます。こちらはシンプルなのですんなりと理解できるでしょう。

 

一方、併修校の場合は、専門学校の授業とは別に、短大の通信教育やスクーリングも併せて修了する必要があり、それらの費用は別途徴収されるケースが大半なので気をつけなければいけません。

 

併修校で所定の単位を全て修得すると、指定校と同じ『二種免許』がもらえます。

 

専門学校で免許の取得を検討している方は、その学校が「指定校なのか?併修校なのか?」を事前に確認しておくとよいでしょう。

 

B保育士から幼稚園教諭を目指す

保育士の有資格者も、一定の条件を満たし、各都道府県が実施する教職員検定に合格すれば『二種免許』を取得することが可能です。

 

条件は以下の通り。

 

・高卒以上の学歴があること
・保育士として3年以上(4,320時間以上)の実務経験があること
・大学で所定の4科目8単位を修得すること

 

科目内容は、「教職の意義及び教員の役割(2単位)」「教育に関する社会的、制度的又は経営的事項(2単位)」「教育課程の意義及び編成の方法 (1単位)」「保育内容の指導法、教育の方法及び技術(2単位)」の合計4科目8単位です。

 

これらの条件を満たし、各都道府県が実施する「幼稚園教員資格認定試験」に合格すれば、晴れて免許が取得できます。

 

ちなみに、これは幼保一元化政策の一環でもある認定こども園の改正に伴う「幼稚園教諭免許取得の特例制度」による特例措置です。

 

期間は2020年3月末までの予定なので、制度の利用を検討している方はお早目に申し込みすることをおすすめしています。

 

認定こども園では、今後採用する職員の条件として『幼稚園教諭免許状+保育士資格』とあげています。上記の条件にあてはまる保育士さんにとっては、またとないチャンスだと言えるかもしれませんね。

 

幼稚園教諭免許を取得するには?

ブラッシュアップ学びキャプチャ

学校比較サイト「ブラッシュアップ学び」を利用すれば、全国の「幼稚園教諭養成コース」が設置されている大学・短大・専門学校を一覧で比較&まとめて資料請求することができます。資料には無料とは思えないほど豊富な情報が掲載されているので、雑誌感覚でパラパラと眺めてみるだけでも凄く勉強になりますよ♪

 

詳細ページボタン