高卒でも幼稚園教諭の免許は取得できる?

幼稚園教諭の免許は国家資格であり、文科省の認可を受けた大学・短大・専門学校で定められた単位をすべて取得して卒業することによって取得できる免許となっています。

 

高卒じゃ、ダメなの!?となりそうですが、それだけではありません。

 

保育士として3年以上従事した人の勤務経験を評価し、幼稚園教諭の免許取得のチャンスを与える「幼稚園教員資格認定試験」の制度が用意されています。

 

受験資格

“保育士として3年以上従事した者”が前提です。

 

(1)大学に2年以上在学し、62単位以上を修得していること
(2)高等学校を卒業した者

 

この条件を満たせば、「幼稚園教員資格認定試験」の受験資格があり、合格によって、「幼稚園教諭二種免許』が取得できるのです。

 

試験の内容は次のとおりです。

 

第1次(筆記試験 択一式)

<教職に関する科目(1)>「一般教養科目」※(1)の該当者は申請によって「一般教養科目」が免除されます。「教職概論」「幼児教育教師論」「教育行財政」「幼児教育学」「幼児教育心理学」等

 

<教職に関する科目2>「教育課程論」「教育内容論」「学習指導論」「教育方法・技術論」「保育内容指導法」「幼児理解」「教育相談」等

 

第2次(筆記試験 論述式)

<教職に関する科目(3)>「教育職員免許法施行規則第6条第1項表における幼稚園教諭」 (論述式)<指導案の作成に関する試験>共通課題をもとにした指導案(週案・日案)の作成に関する試験等

 

幼稚園教諭免許状取得のための特例制度

一方、平成27年度以降にスタートした「幼稚園教諭免許状又は保育士資格取得のための特例制度」も、実務経験が3年以上ある保育士に対して、大学で5科目8単位(前出の試験とほぼ同じ内容)を修得すれば『幼稚園教諭二種免許』が授与されます。

 

同制度は平成31年度末までの暫定措置で、幼保一体型の認定こども園の増加を見据え、保育士に幼稚園教諭の免許を併せて取得させることを目的としています。