幼稚園教諭の免許は通信教育で取得できる?

幼稚園教諭免許は、通信教育によって取得することも可能です。

 

幼稚園教諭免許を取得できる大学・短大・専門学校は、文科省によると全国30校。課題ごとのレポート提出やスクーリングによって免許の取得を目指します。

 

千葉県にある聖徳大学通信教育部(4年制と短期大学)の例を挙げてみましょう。

 

同大学では、幼稚園教諭を目指すためには児童学部児童学科「幼稚園教育コース」に入学します。

 

入学するための条件、必要な単位等は次のとおりです。

 

幼稚園教諭一種免許状

4年制大学において、所定の単位の修得と大学士の学位の同時取得が必要です。一種免許は、園長先生になるために必要な資格でもあります。入学の最低条件は高卒で、必要単位は124単位となります。

 

一方、他大学・短大・専門学校の卒業生には、卒業時に授与された学位をもとに、免許の取得に必要な科目を履修し、単位を修得する方法(科目履修)もあります。

 

・専門学校卒では、3年次からの編入学が可能です。2年間に75単位を修得します。
・短大卒も、3年次からの編入学が可能です。2年間に67単位を修得します。
・大卒では、課程正科生として63年次に編入し、2年間に55単位を修得します。

 

幼稚園教諭二種免許状

同大学では、該当学科は「短期大学部保育科」となり、必要年数は3年。所定の70単位を修得し、短期大学士の学位の同時取得が必要です。(1)と同じく、次の人は科目履修が可能です。

 

・専門学校卒…高卒と同じく1年次に入学し、必要年数は3年。70単位の修得が必要です。
・短大卒…課程正科生として3年次に編入学し、51単位を修得します。

 

幼稚園教諭専修免許状

大卒者が入学可能で、同大大学院「児童研究科」において、教育・発達・保育からなる児童学を研究し、修士課程の修了します。

 

一方、幼稚園の一種免許状の保有者で、3年以上の在職年数を満たしている人は、科目履修によって必要な単位を修得することによって、専修免許状を取得することも可能です。