どうすれば幼稚園教諭になれる?

幼稚園教諭の資格を取得したい場合、どのようにすればいいのでしょうか。具体的にどうすれば良いのか詳しくみていきましょう。

 

まず幼稚園教諭の資格を取得する場合、幼稚園教諭養成過程のある大学または短大・専門学校に通い必要とされる単位を修得し卒業することが大切です。取得できる免許状は学歴によって異なります。

 

例えば大学を卒業すれば一種免許状、短大・専門学校では二種免許状が取得でき、大学院まで進むと専修免許状が取得できるというように決まっています。

 

その後、都道府県が実施している教員採用試験か私立幼稚園で行われる教員採用試験に合格すれば幼稚園教諭を取得できるというわけです。

 

ただし、この教員採用試験も簡単ではありません。自分は、この資格を取得してどのような仕事をしていきたいのか?資格を取得するだけでなくその先の将来の展望もしっかり考えておくと良いでしょう。

 

幼稚園教諭過程とは全く違う学科を卒業した場合

幼稚園教諭過程のない大学・短大・専門学校を卒業された方で、幼稚園教諭になりたいと思っている方もいるでしょう。例えば、短期大学の工科学系を卒業したAさんのように全く関係の無い学校を卒業した方でも、幼稚園教諭の免許を取得することは可能です。

 

卒業時に授与された学位が基礎資格として認められるためです。そのため、免許状に必要な最小限の単位数を取得すれば幼稚園教諭の資格を取得できるというものです。

 

この制度は、どこの大学でもあるのではないのでしっかりと下調べを行う必要がありますが、最小限の単位で済むというのはその分時間も短縮できるのでお勧めです。

 

一度、学校を卒業している方であればもう一度通学するというのは簡単ではありません。そのような方にお勧めしたいのが、通信制のある学校で学ぶことです。

 

これなら、働いていて忙しい方・主婦の方でも自分の空いている時間に勉強することが出来るので時間を有効に使うことができます。

 

教員採用試験について

気になる教員採用試験ですが、大きくわけて3つの試験があります。筆記試験・面接・実技試験となっています。

 

また私立幼稚園では、幼稚園独自の選考や特別な適性検査がある場合があるのでしっかり調べてから臨むようにしましょう。